読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

inspired by

~に刺激[触発]される

「居心地のいい」状況と「これでいいのかな?」という気持ちについて考えてみた

ドラゴンボール魔人ブウ編(コミック38巻)で、激しく共感したベジータのセリフがあります。

以下に引用します。



オ……オレは…
オレは……………

昔のオレに
もどりたかったんだ!!!!

残忍で冷酷な
サイヤ人のオレに もどって
なにも気にせず きさまと
徹底的に闘いたかったんだ!!!!

気にいらなかった…
知らないうちに
きさまたちの影響を
うけて
お…おだやかになっていく
自分が……

オ…オレともあろうものが
家族を持ち…
わ…わるくない気分だった
…居心地のいい地球も
スキになってきてしまって
いたんだ……

…だ…だから
バビディに支配され
…もとの悪人に
もどる必要が
あったんだ…!

…………
おかげで

いまは
いい気分だぜ…


(引用おわり)



社会人になってから長い時間が経った自分に、このセリフはグッと迫ってきました。


今の自分の状況はベジータのセリフのように「居心地のいい」もので、「わるくない気分」になることもあります。



以前は仕事が出来ずに苦しんでいた時もありました。


そんな時に勝間和代さんの著書と出会い、ビジネス書を読み漁ったり、簿記・会計の勉強をしたり、マインドマップフォトリーディングを習ったりもしました。


今から考えると、なりふり構わずやっていたな、と少し可笑しく思います。



今は仕事も落ち着き、マインドマップフォトリーディングもやっていないし、ビジネス書もほとんど読まなくなりました。


残業時間も少なくなったし、仕事で悩むようなことも随分と少なくなりました。


まさに、「居心地のいい」状況で「わるくない気分」です。



でも、


これでいいのかな?と思う時もあります。



昔の自分に戻って、なりふり構わず仕事に明け暮れる生活をしたいな、と思う自分も少しですが残っています。


そのような状況ですので、引用したベジータのセリフに共感しました。



「居心地いい」と思いながらも、その状況が気にいらないという気持ちもある。


まあ、今の自分の状況が恵まれているからこそ、そんなことが言えるということなのかもしれません。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
にほんブログ村