読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

inspired by

~に刺激[触発]される

続けたいことがあるのなら時間の制約を利用するのが効果的、と思った話

続けたいことがある場合、時間の制約を利用するのがよいと思っています。

自分の場合、《朝の時間》と《レッスン》が上手くいきました。


《朝の時間》の例にストレッチがあります。

ストレッチを日課にしていますが、はじめは夜にやるようにしていました。

しかし、夜にストレッチを行うと、ストレッチが面倒でついついダラダラしてしまい、布団に入る時間が遅くなってしまうことが多々ありました。

これではいけない、ということで、朝にストレッチをすることにしました。

朝であれば部屋を出る時間が決まっており、ダラダラとすることができません。

結果、速やかにストレッチに取り掛かることになり、続けることができるようになりました。


《レッスン》の例にはスイミングがあります。

スイミングを始めた時にはほとんど泳げない状態で、必然的に教わる必要があり、グループレッスンを受けるようにしました。

レッスンですので決められた時間に行くことが必要となります。

あまり気がのらない日でも後送りにすることができず、時間になれば行かないといけなくなります。

恐らく時間の指定がなければ、「もう少し後で」を繰り返して、スイミングができなくなる日が続いたと思います。

(自分にはよくあることです)

結果、気がのらない日でもプールに通うことができ、今に至ります。


【まとめ】

・何か続けたいことがある場合、時間の制約、を上手く利用するとよい

・《朝の時間》と《レッスン》がオススメ



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村